ホーム > 医学生の方へ > 中東遠総合医療センター 三上 智 先生

ここから本文です。

更新日:2016年8月5日

中東遠総合医療センター 三上 智 先生

  mikamiはじめまして。中東遠総合医療センター後期研修医の三上智と申します。

 中東遠総合医療センターで2年間の初期研修を行い、現在は呼吸器内科の後期研修医(1年目)として勤務しています。静岡県の出身者として、医師不足が叫ばれている静岡県の医療に貢献したいという思いから県内での研修を選択しました。静岡県は、気候は温暖、人柄は穏やかで、とても居心地の良い地域です。また、東海道新幹線や東名高速道路など交通網も充実していて、住みやすい環境にあります。そんな静岡県で臨床研修をお考えの方に当院の紹介をさせていただきたいと思います。

 当院は、掛川市立総合病院と市立袋井市民病院が合併し、平成25年5月に開院した新しい病院です。掛川市や袋井市をはじめとする静岡県中東遠地域の基幹病院であり、地域の急性期医療の中心として機能しています。

 初期臨床研修でも重要となる救急部門は、昨年7月に「救命救急センター」の指定を受けました。当院は、周辺地域に同規模の病院がないこともあり、数多くの症例が集まります。救急科でのローテート研修と日々の日当直業務で、1年間もすれば一通りの疾患は経験できるのではないかと思います。救急科の常勤医も多く指導体制は充実しており、気になる症例は上級医の適切なフィードバックを受けながら経験値を高めていくことができます。

 当院の臨床研修で求められるものは「主体性」だと思っています。自ら学ぶ姿勢を前面に出して積極的に取り組めば、数多くの経験が得られると思います。もちろん失敗も多々ありますが、失敗してもそこから学ぶ姿勢があれば次につながり、より自覚と責任を持って仕事に当たれるのだと思っています。当院は研修医の人数も大病院ほど多くなく、手技を行うチャンスも多いですし、上級医からの指導も受けやすい環境にあります。看護師さんやコ・メディカルの方たちも皆親切で優しく、研修医教育に協力的で、何でも気軽に相談できる環境が整っており、とてもありがたく思っています。

 結局、自分が成長できるかどうかは、自分次第だと思います。そして当院には、多くの勉強ができる環境が備わっています。興味のある方は、ぜひ1度見学に来てみてください。

 

平成28年8月 ふじのくに次世代医師リクルーター 三上 智

【お問い合わせ】 

中東遠総合医療センター
TEL:0537-21-5555
FAX:0537-28-8971